広島・野村が8回無失点で今季初勝利 抑えはフランスアが3者三振 鈴木誠決勝弾

ice_screenshot_20200730-042708

7回、ピンチを脱し、安どの表情を見せる広島・野村祐輔

 「広島2-0中日」(29日、マツダスタジアム)

 広島が一夜で最下位を脱出した。主砲・鈴木誠也外野手が、一振りで試合を決めた。

 両チーム無得点で迎えた六回、2死一塁で登場。中日先発松葉の高めに入る126キロのチェンジアップをバックスクリーン右に運ぶ9号先制2ランを放った。

 「打ったのはチェンジアップ。祐輔さんが頑張っているので、良い先制点になって良かったです」

 今季マツダスタジアム初登板となった野村は、初回からエンジン全開。五回まで完全試合、六回は先頭の京田をバントヒットで出塁させ、初安打を許したが、後続を打ち取った。8回を97球4安打無失点で今季初勝利を挙げた。

 懸案となっていた九回はフランスアが登板。井領、大島、阿部と3者連続三振で初Sを挙げた。

 試合前の段階で今季は本拠地マツダスタジアムで2勝8敗1分けと結果を残していなかった。


☆ホームであるマツダスタジアムが鬼門と言う、笑えない状態のカープが、今期初めてホームでの接戦勝利。
 先発野村は8回無失点と文句なしで、失礼ながら驚きの好投。もっと驚いたのは、完封目前で交替した9回フランスアが、三者連続三振で締めた事。彼が抑えにはまってくれれば理想的だ。
 全然打てなかった攻撃陣では、鈴木誠が一振りで決めてくれた。こちらはもちろん驚きではない。
 遅過ぎるけど、カープだけようやく開幕したような試合だった。
がんばれ! カープ

参考動画→プロ野球7月29日 広島カープ vs 中日 ハイライト | NPB 2020