【広島】またも勝率差で最下位転落 佐々岡監督「頭というのはとりたいところ」
ice_screenshot_20200729-043534

9回、代打を告げてベンチに戻る広島・佐々岡監督

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島2―3中日(28日・マツダ)

 広島は接戦を落とし、勝率差で2試合ぶりに最下位に転落した。これで本拠地・マツダでの戦績は2勝8敗1分けとなった。

 先発・九里は7回4安打1失点と好投。すると打線は7回無死一、二塁から松山の右前適時打で同点に追いつき、さらに1死一、三塁からは会沢の右前適時打で勝ち越しに成功した。

 ところが8回、2死一塁から塹江がビシエドに右翼線を破る適時二塁打を打たれ、一塁走者の大島が三塁を回った。大島の本塁到達時には、外野からの返球がすでに会沢のミットに収まっており、タッチの判定はアウトになった。

 ここで中日がリクエストを要求。リプレー検証の結果、判定はセーフに覆って同点となった。会沢は「コリジョンを考えながらだったが、悔しい結果になった」と嘆き、佐々岡監督も「あのタイミングであればというところなので、あれがセーフになるのは難しい。投手が抑えると乗っていけるところだっただけに8回は残念だった」と肩を落とした。

 その後、一、三塁から菊池保がA・マルティネスに適時内野安打を許して勝ち越しを許し、再び巻き返すことはできず。これで1点差ゲームは5連敗、カードの初戦は3連敗となった。指揮官は「頭というのは取りたいところ。なかなか乗っていけない。(マツダでも)あまり勝てていないのであしたは…」と頭を抱えた。


☆今期のダメなカープを見せつけられるような、終盤の逆転負け。逆転に繋がった大島の走塁は、本来カープが得意とするプレーだった筈で、マツダで大きく負け越していては話にならない。
 まあ、白熱した最下位攻防戦ではあった。ああ、情けないなあ。
がんばれ! カープ