がんばれ! カープ

広島カープ応援ブログ

広島、最終戦に敗れ借金4の5位で今季終了 佐々岡監督「この悔しさを来年」

ice_screenshot_20201112-042512

広島・九里亜蓮

● 広島 2 - 3 中日 ○
<24回戦・マツダスタジアム>

 広島は本拠地での今季最終戦を勝利で飾れず、52勝56敗12分けの5位で全日程を終了。試合後に就任1年目の佐々岡真司監督(53)と、今季限りでの退団を表明している小窪哲也内野手(35)がファンにあいさつした。

 広島は中日先発・柳の前に8回まで無得点。3点を追う9回も簡単に二死を奪われたが、1番・長野の四球、続く田中広の右中間二塁打で二、三塁の好機を作り、3番・堂林の左前2点適時打で1点差に迫った。代わった藤嶋に対し続く松山も痛烈な打球を放ったが、打球は右直でゲームセット。先発の九里は9回をひとりで投げ抜いたが、力投実らず9回8安打3失点で6敗目(8勝)を喫した。

 試合には敗れたものの、8回に代打で登場した小窪が今季初安打となる中前打をマーク。また、菊池涼と鈴木誠は揃って欠場したが、菊池涼は二塁手として史上初となるシーズン無失策の偉業、鈴木誠は球団史上初の5年連続3割を達成した。

 試合後には最終戦セレモニーが行われ、まず佐々岡監督が「今年は新型コロナウイルスの影響で、今まで経験しことがないシーズンでした。この状況の中、死力を尽くしてくださった医療従事者のみなさん、そして多くの関係者のみなさん、本当にありがとうございました。改めてファンのみなさんの声援に支えられているんだな、と感じた1年でした。そんなファンのみなさんのご期待に応えられず、本当に申し訳ありません。この悔しさを来年、チーム一丸となって優勝を目指して頑張ります。また来シーズンも温かいご声援をよろしくお願いします。1年間、本当にありがとうございました」とあいさつした。

 佐々岡監督は「最後に小窪選手から、みなさんにあいさつがあるとのことなのでマイクを渡します」と続け、指名され大きな拍手を浴びた小窪は「ファンのみなさん、13年間、本当に熱い声援ありがとうございます。このような決断をした僕に対して、熱い声援を送っていただいたことは一生忘れません。今日でカープのユニフォームを着て試合をするのは最後だと思いますが、またみなさんに元気な姿を見せられるように、これからも頑張っていきます。13年間ありがとうとざいました」とファンに別れを告げた。


☆いかにも今季を象徴するような、残念な負け方のラストゲームだった。9回表の2点がなかったら、逆転サヨナラだったのに、と思ったのは私だけだろうか。
 ただ最終盤になって、リーグ随一の好調だったのは確か。鈴木誠と菊池の快挙達成、森下の新人王当確の活躍ぶりなど、好材料にも事欠かず。佐々岡監督の来季は優勝を目指す発言も、あながちただのリップサービスではないと思う。本気で期待してますよ。
がんばれ! カープ


【広島】ドラ1・奥川に洗礼 鈴木誠&菊池涼はW快挙に“王手”

ice_screenshot_20201111-122009

3回、適時二塁打を放つ広島・鈴木誠

◆JERAセ・リーグ ヤクルト7―3広島(10日・神宮)

 広島がヤクルト・奥川にプロの洗礼を浴びせた。3回までに6点を奪い、相手のドラ1右腕をKO。4年ぶりに1番で出場した鈴木誠は3打数3安打で打率3割に復帰した。5年連続3割なら球団初。今季最終戦となる11日の中日戦(マツダ)は欠場する予定で「頭にはもちろんありました。その前から意識して、自分の打撃ができていなかった。自分のスイングができた結果、いい打球が行けばヒットになる。数字を意識するのは難しいと思いました」と、安どした。

 10月に二塁手のシーズン連続守備機会無失策のセ・リーグ記録を更新した菊池涼はこの日も無失策で、一塁手を除く内野手では史上初の守備率10割を継続。こちらも未踏の偉業に王手をかけた。ラスト1試合で4位浮上の可能性を残した佐々岡監督は「(3割を)意識した中で達成するのは素晴らしい。一発回答だから素晴らしい。来年も引っ張ってほしい」と主砲の集中力を褒め上げた。


☆注目のヤクルト奥川投手の1軍初登板だったが、意外にもカープがノックアウト。こういう時に決まってやられるチームカラーなんだけどね。
 3割を狙って一番で先発の鈴木誠が、3打数3安打で一発クリア。無失策記録を続ける菊池も無事で、シーズン記録を達成しそうだ。石原の引退試合は落としたけれど、良いことづくめのシーズン終盤。来季は覇権奪回だ!
がんばれ! カープ


広島
 引き分け挟み7連勝 松山がサヨナラ打

ice_screenshot_20201106-043423

【広島―巨人】十回、広島2死満塁、松山がサヨナラ打を放つ

【広島5―4巨人】

 広島は引き分けを挟み7連勝を飾った。延長十回2死満塁、松山が中前へサヨナラ打。投手は小刻みリレー。同点の十回を無失点に抑えたケムナがプロ初勝利を手にした。


 ソーシャルディスタンスが必要なグラウンドで、選手たちの喜びは控えめだった。延長十回、2年ぶり3度目となるサヨナラ打を放った松山。抱きついたり、跳び上がったりする光景はなく、みんなが笑顔で頭をぽんぽん。松山は「打てていなかったので腹をくくった」と振り返った。

 2死満塁、マウンドは左腕の田口。追い込まれてから、持ち前のバットコントロールを見せた。低めいっぱいの136キロにバットを合わせると、打球は中前へぽとり。「いいところに落ちてくれた」。三塁走者を本塁へ迎え入れた。

 バットは湿っていた。10月の月間打率は2割3分7厘と低迷。「チャンスで打てていなかった。僕がもっと早く打って(早い時期に)連勝したかった」。この最終盤で仕事をし、ほっとしていた。

 引き分けを挟み7連勝。Bクラスが決まった後の消化試合でチームは「閉幕ダッシュ」を続けている。「来季につながると思う。若い選手とベテランが一丸となって残り3試合とも勝てるようにしたい」。悔しいシーズンだが、最後まで気持ちを緩めず、手応えをつかもうとしている。


☆昨日「アテにならない」と失礼な事を書いた、先発藪田が好投。2-2で迎えた7回に勝ち越しを許したが、8回に同点に追い付き、延長サヨナラ勝ちとは望外の喜びであった。
 「閉幕ダッシュ」とは皮肉な言い方だけど、やっぱり勝つと嬉しいもの。来季は「開幕ダッシュ」を期待したい。
がんばれ! カープ

参考動画→カープ 松山竜平が腹くくった サヨナラヒットで皆にもみくちゃにされるw

広島6連勝 遠藤が4安打1失点完投勝利 長野は1発含む3打点
ice_screenshot_20201105-042918

完投勝利を挙げ笑顔でナインとタッチを交わす広島・遠藤=マツダスタジアム

 「広島5-1巨人」(4日、マツダスタジアム)

 広島が投打がかみ合って引き分けを挟んで6連勝した。

 先発の遠藤は完封目前の九回2死三塁から岡本の二ゴロの間に1点を失なったが、巨人打線に対し4安打1失点完投勝利。坂本、岡本、丸の主軸を無安打に抑える安定した投球だった。

 打線は五回に併殺崩れの間に1点を先制。七回には長野の9号ソロなどで2点を追加。さらに八回は再び長野の2点適時打を放ち試合を決めた。


☆先発遠藤が見事な完投勝利。シーズン終盤に来て、軒並み先発陣が好調。佐々岡監督の理想とする野球が出来ていて、来季への期待が大いに高まって来た。
 打線の方は序盤から拙攻が続いてイライラさせられたけど、終わって見れば5点取って上々。失礼ながら、松山を外す方が得点力が上がっている。長野の活躍を見た野球を知らないヨメが、「この人やっぱり打つんだね」と感心してたのが印象的。
 次はあまりアテにならない藪田の先発。余波をかって好投してくれないかな?
がんばれ! カープ

参考動画→20.11.4 巨人vsカープ 遠藤完投 チョーさん3打点の活躍 セイヤービーム発動