がんばれ! カープ

広島カープ応援ブログ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ice_screenshot_20220924-045801
ベンチで浮かない表情の佐々岡真司監督

◆JERAセ・リーグ 広島3―7阪神(23日・マツダスタジアム)

 広島が、痛恨の1敗を喫した。先発・大瀬良大地投手が初回に4失点を許し、2回43球でKO。打線も、4回に松山竜平外野手が63日ぶり2号2ランを放つなど一時は2点差にまで詰め寄ったものの、序盤からの劣勢を跳ね返すことはできなかった。

 CS進出に望みをつなぐためにも、絶対に落とせない一戦だった。大瀬良だけでなく、リリーフ陣も踏ん張れなかった。3回から登板した遠藤淳志投手も、4回に高寺の適時二塁打で1失点。6回に登板した中崎も、先頭・原口に中越え二塁打を浴び、続く佐藤輝に右翼上段席の看板を直撃する特大の2ランを被弾。1死も取れずに2失点で降板した。

 CS進出に望みをつなぐどころか、逆に大きく後退する結果となった。阪神と同率4位となり、残り3試合でCS圏内の3位・巨人まで1・5ゲーム差に広がった。チームの借金は5となり、佐々岡真司監督の就任から3年連続となるシーズン負け越しも決まった。


☆実に情けない完敗。大瀬良が初回4失点で、2回KO。ファンからすれば、たまったもんじゃないが、今季の彼の状態では、「まさか」ではなく、「やっぱり」なのが悲しい。松山が1時2点差に詰め寄るツーランを打ったが、投げる方では、中崎も醜態を晒したし、3連覇に貢献したメンバーが通用しなくなってる現実を、見せ付けられる試合であった。

 巨人が沢山星を落としてくれるのを期待するだけで、CSは絶望的になった。残念だが、心穏やかな日々が送れそうである。いや、まだ可能性はそこそこあるんだよねえ。巨人次第では。
がんばれ! カープ


















ice_screenshot_20220922-043725
阪神対広島 11回表広島1死満塁、上本は左前適時打を放つ

<阪神4-10広島>◇21日◇甲子園

 望みをつないだ。広島がCS進出を争う阪神との接戦を制した。移動試合となった阪神戦(甲子園)は、前日20日の中日戦(マツダスタジアム)に続く延長戦となった。4-4の11回に、打者一巡の猛攻で6得点。総力戦となった熱戦に終止符を打った。直接対決を制して、3位巨人を1ゲーム差で追走する。

    ◇   ◇   ◇

 我慢して、我慢して、延長11回に広島打線が爆発した。4-4で迎えた11回。相手のミスに乗じて満塁の好機をつくると、上本、菊池涼が続けて左前適時打で2点を勝ち越した。なおも満塁から西川が中堅頭上を襲う2点適時二塁打。マクブルームも2点打で続いた。3回以降、8イニング連続無得点。3併殺と悪い流れを集中打で一気に試合を決めた。

 執念で逆転CSに望みをつないだ。2点ビハインドの2回。先頭坂倉がカウント2-2から内角ツーシームにうまくバットを振り抜き、右翼席に放り込んだ。7戦ぶり1発が打線に火を付けた。会沢が中前打で続き、小園は初球の浮いたカットボールを強振。バックスクリーンにたたき込んだ。「自分のスイングでしっかり捉えることが出来ました。逆転できて良かったです」。8月10日ヤクルト戦以来の7号逆転2ランで、先発復帰した9日ヤクルト戦から9試合連続安打とした。さらに2四球と安打で満塁とし、先発伊藤将をマウンドから引きずり下ろした。

 リーグトップの防御率を誇る阪神相手に、広島中継ぎ陣が食らい付いた。6回に2番手森浦が2死から梅野に1発を浴びたものの、6回から6投手がバトンをつないだ。CS争いに加えて糸井引退試合も重なり、1球1打に大歓声があがる敵地で、中継ぎ勝負の展開で1歩も引かなかった。走者を出しながらも無失点でバトンをつなぎ、延長11回の大量得点に導いた。

 阪神との直接対決を制し、3位巨人を1ゲーム差で追走する。残り4試合はすべて本拠地マツダスタジアム。地元ファンの応援を背に、逆転CSに望みをつないでいく。


☆先発森下が苦しい投球で、何とか1点差リードを保って降板。今日引退試合の糸井選手にヒットを打たれて、追撃を許し、梅野選手に同点ホームランを浴びる。完全に阪神逆転ムードで延長に入ったが、カープの救援陣が本当に良く耐えた。

 打線も活発で、阪神の先発伊藤将投手を、2回でKO。その後は苦しんだが、延長11回に爆発。話はそれるが、前日打たれて逆転負けを喫した、阪神岩崎投手登板時、カープファンから「がんばれー」と応援があったと言う。両チームエラーが目立ったけど、このエピソードからも好試合だった事が伝わって来た。

 ともあれ敵地甲子園での死闘を、何とか乗り切った。残り6試合の巨人に4勝されると届かないが、ホームでの残り4試合を全勝で、吉報を待ちたいものである。
がんばれ! カープ


















ice_screenshot_20220921-045122
延長11回、岡林勇希に勝ち越しの適時二塁打を打たれ呆然とする栗林良吏

◆JERAセ・リーグ 広島3―5中日(20日・マツダスタジアム)

 広島は、守護神・栗林良吏投手が踏ん張れずに競り負けた。3―3で同点の延長11回に岡林に痛恨の勝ち越し二塁打を浴びるなど、2失点。20試合無失点を続けていたが、4月2日の延長12回に逆転サヨナラ負けを喫した中日戦(バンテリンD)以来の今季2敗目を喫した。

 延長10回から登板した守護神は、この回は9球で3人を料理。11回は先頭・高橋周に四球。2死一、二塁から岡林に、しぶとく左翼線に運ばれた。なおも2死満塁からビシエドの適時内野安打で、さらに1点を追加されて降板した。イニングまたぎは13日の阪神戦(甲子園)以来、今季2度目で通算3度目だった。

 打線は1点のビハインドを背負った初回に4番マクブルームの17号3ランで逆転に成功したものの、次の1点が奪えず、結果的にその3得点に終わった。

 最下位・中日相手に痛い1敗を喫し、3連勝を逃した。巨人が3位に浮上し、同じくDeNA戦(甲子園)に敗れた阪神と並んで同率4位に後退した。21日には敵地で、23日には本拠マツダで阪神と2試合を行う。3位・巨人までは1ゲーム差で残り5試合。逆転CS進出には、もう1敗も許されない。


☆ホームで終盤競り負ける最悪の試合。結果並んでた巨人が抜け出し、圧倒的に優位に立ったのも最悪。実にムカつく。

 なかなか冷静になれないが、栗林2イニング・矢崎も2イニング使った挙句の負けが、最悪だったのは確か。巨人の負けを祈るのみとは、情けない立場になったな。もちろん次の阪神戦に負ければ、本当に終わりである。
がんばれ! カープ

















ice_screenshot_20220917-210231
6回2死満塁、左前に2点適時打を放った堂林翔太

◆JERAセ・リーグ DeNA3―10広島(17日・横浜)

 広島が、連日の逆転勝利でCS進出に望みをつないだ。

 一度逆転しながら同点に追い付かれた直後の6回、すぐに勝ち越しに成功した。西川、マクブルームの連打で無死一、三塁。松山の内野ゴロの間に1点を勝ち越し、なおも2死満塁の場面。野手のプロ野球ワースト記録にあと1打席に迫る8打席連続三振中だった堂林が、代打で“名誉挽回”の左前2点タイムリーで突き放した。

 先発・玉村は、初回にいきなり7球連続ボール。連続四球をきっかけに招いたピンチから2失点し、結果的に5回途中3失点で降板した。チームの先発陣は8戦連続で白星なしとなったが、5回2死三塁から登板した中崎が、牧を二ゴロで勝ち越しを許さなかった。

 6回は森浦、7回はケムナが無失点でつなぐと、8回に打線が打者一巡の猛攻で6安打4得点でダメ押し。今季11度目で、うち同カードでは4度目となる2ケタ得点の圧勝となった。

 DeNA戦は、この日が今季最終戦だった。セ・リーグ史上初の開幕から2戦連続2ケタ得点の歴史的勝利でスタートさせ、そこから12戦11勝。その後に6連敗はあったが、最後は5連勝で対戦成績17勝8敗で締めくくった。

 ナイターの巨人―阪神戦(東京D)を前に、この試合終了時点で3位・阪神とは1ゲーム差となった。残り6試合で阪神との直接対決も2試合(21日・甲子園、23日・マツダ)。逆転CS進出の可能性は十分、残されている。


☆カープ先発は不安が残る玉村。初回いきなり2失点して、どうなる事かと思ったが、その後持ち直し、5回ツーアウトまで投げてくれた。そこで火消しに登場したのが、まさかの中崎。何とか踏ん張り、前半戦はリードを保って通過。その後疑惑の判定から1点取られたものの、3点で抑え、大勝を呼び込んだ。

 打線では、帰って来た4番マクブルームが大爆発。勝ち越しツーランを含む、3安打で猛打賞。打線の繋がりが良く、終盤着々と加点して、終わって見れば、10対3の大勝だった。栗林も矢埼も使わずにすみ、これ以上ない理想的な試合。

 次の試合から、CS進出に向け、最大の難関中日2連戦。雨天中止の可能性が高いが、先発投手を考えると、カープが得とは言い難い。ただ、阪神が負けて、巨人、阪神、広島が0.5ゲーム差にひしめく大混戦。カープ全勝が条件とも言えなくなった。残り試合が多い方が有利と言われるが、過密日程のチームも厳しいぞ。平田投手が炎上してるのに、代える事の出来ない横浜を見てて、そう思った。飛び飛び日程のカープが有利なのかも知れない。
がんばれ! カープ