広島3位転落 K.ジョンソンで逆転負け 九回絶好機も無念
ice_screenshot_20200702-043605

ヤクルト・西浦に逆転2ランを打たれぼう然とする広島・ジョンソン=神宮球場

「ヤクルト4-3広島」(1日、神宮球場)

 広島が接戦を落とし、3位に転落した。

 先発した広島のK.ジョンソンは5回を投げ7安打4失点(自責点3)で2敗目を喫した。

 初回1死一塁から味方の失策でピンチを招いて4番・村上に2点適時打を許した。二回と三回は相手打線を無得点に抑えた左腕。だが1点リードの四回に無死一塁から、5番・西浦にスライダーを左翼ポール際に運ばれ、逆転2ランを浴びた。

 雨が降る中、悪条件でのマウンド。粘りの投球でビハインドを何とか1点に食い止めたが、六回の攻撃で代打を送られた。

 打線は1点を追う九回、1死一、三塁の絶好機を作ったが、菊池涼が三振、高橋大の遊撃へのライナーはエスコバーに好捕され、試合終了となった。


✩雨と強風と言う悪天候で、左のエースジョンソンが沈んだ。彼はよく神経質で、悪天候では良くないと言われるが、どちらかと言えば、悪天候での登板が妙に多い印象がある。いわゆる「雨男」だろうか。ともあれ、3失策は気の毒だった。
 打つ方も、終盤一歩届かずで、欲求不満の残る試合だった。次の試合、逆境に強い九里に期待。
がんばれ! カープ