中3―10広(28日) 広島が大勝、新人の森下が初勝利

ice_screenshot_20200628-191301

9回途中3失点でプロ初勝利を挙げた広島・森下=ナゴヤドーム

広島が15安打10点で大勝した。二回に田中広、ピレラの適時打と西川の2点二塁打で4点を先制。その後も3本塁打で加点した。新人の森下が150キロを超す直球で好投し、8回2/3を3失点でプロ初勝利。中日は梅津が7失点と崩れた。


✩注目の森下が前回に続き、今日も好投。完封目前で捕まり降板したが、大量点に守られ。文句なしのプロ入り初勝利。この2試合で、新人王本命と言われる実力を証明してみせた。
 打線も3ホームランなどで活発に援護したが、注目はサイクル安打に迫った堂林。これまで期待を裏切って来たが、いよいよ大器が本格的に覚醒か。この試合ではメヒアを外し、復帰した松山が5番ファースト。堂林がレフトで、サードはピレラと言う布陣だったが、今の調子ではこれが正解かも知れない。
 来週は下位のヤクルト・阪神と当たるが、ロードだけに油断は禁物。何とか5割以上をキープして、広島に帰って来て欲しい。
がんばれ! カープ

参考動画→【2020.6.28】ハイライト 広島打線爆発!!森下プロ初勝利!!