【広島】2点リードを守れず今季初の引き分け 佐々岡監督はリリーフ陣へ「経験のある投手なんだし…」

ice_screenshot_20200626-043141

3年ぶりのアーチを放った堂林

 ◆JERAセ・リーグ 巨人5ー5広島=延長10回規定により引き分け=(25日・東京ドーム)

 広島は終盤に2点のリードを守れず、今季初の引き分けとなった。2回にプロ11年目の堂林が2ラン。17年5月31日以来、自身3年ぶりの本塁打で先制した。1点を追う7回にはピレラが同点の適時二塁打を放つなど打線の粘りで2点を勝ち越したが、リリーフの今村、菊池保が7、8回に失点し、痛み分けに終わった。

 今村は2球目、菊池保は初球を捉えられて失点しており、佐々岡監督は「終盤の投手には、入りというのをいつも言っている。経験のある投手なんだし、一発のある打者に失投は避けないと」と注文。「今年はこういうルール(延長10回制)で、最低引き分けという中で戦っている。引き分けに終わったけど勝ちきれなかった」と悔しそうだった。


✩確かに勝ち切れなかったんだけど、終盤は押されっぱなしで、よく負けなかったな、という印象が強い。痛み分け、と言うところか。
 先発の遠藤は3失点したが、まあ頑張った方。不振の丸にタイムリーを許したのが、痛かったと思う。今村・菊池保は共に変わりばな初球をホームランされて、いつの間にか点が入っていた。佐々岡監督の苦言も仕方ないだろう。打つ方では本格的な覚醒を期待させる堂林の活躍やピレラの実戦的な打撃など好材料も多かった。なかなか殻を破れないメヒアが心配だが、佐々岡監督がどこまで我慢できるか、まだまだ不安なスコットと2人の起用に注目したい。
がんばれ! カープ