広島ドライチ森下5回零封&誠也2戦連発も…西武、山川2打席連発で追いつく 広島は送りバント失敗3つ

ice_screenshot_20200308-185350

<広・西>5回無失点と好投した森下(左)は会沢とグータッチしてベンチに戻る

◇オープン戦 広島3―3西武(2020年3月8日 マツダ)

 広島のドラフト1位ルーキー森下と西武に14年ぶり復帰を果たした松坂のオープン戦初登板で注目された1戦は3―3で引き分けに終わった。

 広島は2回、鈴木誠が先発・松坂から左翼スタンド上段へ2試合連発となる2号ソロを放って先制し、さらに会沢の左前適時打で計2点を先取。4回には菊池涼の左前適時打でリードを3点に広げ、投げてはドラフト1位ルーキーの森下が昨季パ・リーグを制した西武打線を5回3安打8奪三振の無失点に抑える好投を見せた。だが、終盤に高橋大の守備のミスが失点に結び付いたほか、小園が1つ、曽根が2つと仕掛けた送りバントがすべて失敗と課題も残した。

 西武は先発・松坂が3回4安打3四球で2失点で降板。主砲・山川が6回に2番手・岡田から待望の1号をバックスクリーンへ放って反撃ののろしを上げると、7回には敵失も絡めて併殺打の間に1点を挙げ、8回には山川が2打席連発となる左越え2号ソロをD・J・ジョンソンから放って同点、3点ビハインドから引き分けに持ち込んだ。3年目右腕の4番手・与座が4回を2安打無失点と好投して最後を締めくくっている。


✩この試合は期待の森下が、強力西武打線を5回零封と文句なしの快投。開幕からローテの三番手で回りそうだし、二桁勝利、新人王が十分狙えそうだ。チームは鈴木誠の連日のホームランなどで3点リードしたが、山川に2本ホームランを打たれ、引き分け。先発から完全転向の岡田は相変わらず不安定だし、連投の菊池保、DJジョンソンも、やっぱり失点してしまい、良かったのは最後に投げたスコットくらい。救援はカープ最大の懸案事項である。記事にもあるが、バントをことごとく失敗したのも反省材料。
がんばれ! カープ

参考動画→3月8日【広島東洋カープ vs 西武】 ハイライト vs ホームラン |プロ野球オープン戦 2020