広島鈴木誠也「まぐれ」待望OP戦1号も表情厳しく
ice_screenshot_20200307-203314

広島対西武 3回裏広島1死三塁 鈴木は左越え2点本塁打を放ち、ベンチまでナインとハイタッチ

<オープン戦:広島5-11西武>◇7日◇マツダスタジアム

広島鈴木誠也外野手(25)が待望のオープン戦1号を放った。

【写真】左越え2点本塁打を放ち、打球を見上げる鈴木誠

3回1死三塁。相手は西武の先発松本だった。第1打席で1球も投げて来なかったカーブが2球続き、浮いたところを見逃さなかった。引き付けて豪快に振り抜いた打球は滞空時間長く、左翼後方のコンコースへ。豪快な1発にも静かなマツダスタジアムに白球が跳ねる音だけが響いた。「まぐれです。たまたま甘い球が来て、手を出せた」。22日ヤクルト戦から7戦目、20打席目での初本塁打にも表情は厳しかった。

第3打席は見逃し三振に倒れ、オープン戦は打率1割8分8厘、1本塁打、5打点にとどまる。鈴木誠は結果だけでなく、内容にも満足していない。「良かったり、悪かったりがはっきりしているので、もう少ししっかりやりたい」。無観客での試合の難しさを感じる一方で「今は逆に自分がやりたいことに集中してやろうとしている」。慣れない環境を自分のプラスに変えようとしている。

この日はレッグウオーマーを履くほど気温が低かったが、練習時からグリップテープを巻いて思い切りバットを振れる工夫もしていた。本調子に向けた試行錯誤を試合前から続けている。実績と高い技術力を持ちながら「結果が出ていないと不安」と吐露していた。1発が出ても解消されない。「残りの打席で固めていかないといけない」。より高い打撃を目指しているからこそ、現状に満足することはない。


✩今日は先発Kジョンソンが乱調で、6失点2回降板、鈴木誠のツーラン等で追いかけたが、リリーフのDJジョンソンも乱調で万事窮す。アメリカにそんな文化はないだろうが、「ジョンソン」の厄日だったんだろう。
がんばれ! カープ