広島 開幕前哨戦に8点圧勝 K・ジョンソン&森下好投、高橋大2打席連発 中日は連投の藤嶋が3失点
ice_screenshot_20200301-193854

<中・広>9回表1死一塁、高橋大は2打席連続となる左越え2ランを放つ

◇ ◇オープン戦 広島8―2中日(2020年3月1日 ナゴヤD)

 投打のかみ合った広島が開幕戦でぶつかる中日との前哨戦2戦目に8―2で快勝し、オープン戦初黒星からの連敗を阻止した。

 広島はオープン戦初先発で2度目のマウンドに上がった左腕のK・ジョンソンが4回2安打1失点(自責0)と好投すると、2番手のドラフト1位ルーキー森下も3回1安打無失点と好投。

 打線も0―1で迎えた2回に会沢の右中間への適時二塁打で同点とすると、3回には鈴木誠の中犠飛と小園の右翼線を抜く2点適時二塁打で3点を加えて勝ち越し。終盤には主砲・鈴木誠が2位指名された2012年のドラフト1位・高橋大の2打席連発となる1号ソロ、2号2ランなどで着実に追加点を入れて最後は大差で勝利をものにした。

 中日は開幕投手の左腕・大野雄が前哨戦で2回3安打1失点。2番手の梅津が1回3失点で勝ち越しを許した後は岡野、橋本、ロドリゲス、R・マルティネスと小刻みな継投を見せ、前日に続いて連投となった7番手・藤嶋がつかまった。1死から代打に出た広島のドラフト2位ルーキー宇草に死球を与えると盗塁と捕手・桂の悪送球で一気に三塁進塁を許し、野間の適時打の後で高橋大に2ラン被弾と1回3失点に沈んだ。


✩昨日オープン戦初黒星を喫した開幕戦相手の苦手中日に圧勝で雪辱。オープン戦とはいえ気分が良い。投げる方では先発の左のエースK.ジョンソンは問題なさそうで、2番手に出てきた期待のルーキー森下も好投。開幕ローテ入り当確か。さらに中村恭の故障で左の中継ぎとして期待の掛かる塹江も好投が続いており、今季こそやってくれそうだ。

 野手陣もレギュラー争いが激化して、調子の良い選手が多い。堂林、小園、そして2打席連続ホームランの高橋大。開幕が待ち遠しいが、コロナの影響は心配である。
がんばれ! カープ

参考動画→広島カープ 髙橋 大樹 2打席連続ホームラン 3月1日 OP戦