【広島】野村、FA行使せず残留「カープが好き。もう一度Vを」マツダで会見
ice_screenshot_20191026-180609

広島・野村

 広島の野村祐輔投手(30)が26日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると発表した。マツダスタジアムで会見に臨み、「FA権を行使せずカープに残留する。カープが好きなのでもう一度優勝、日本一を目指したい」と来季も広島でプレーすることを明言した。

 野村は公式戦終了後から球団と3度にわたって球団の慰留交渉に応じた。25日の2時間に及ぶ最終交渉を終えた際には「球団といい話をさせてもらった。(誠意は?)伝わりました」と話していた。

 今季は4年ぶりに不調に伴う2軍落ちを経験するなど、6勝5敗、防御率4・06の成績に終わったが、2016年に16勝3敗で最多勝と最高勝率(8割4分2厘)の2冠に輝いている。来季は4シーズンぶりの2ケタ勝利とチームの日本一を目指すことになる。


✩相沢に続き、野村もFA権を行使せず残留すると言う、カープファンにとっては朗報。ドラフトでも野村の後輩森下の交渉権を獲得出来たし、来季の巻き返しに期待が掛かる。
がんばれ! カープ