がんばれ! カープ

広島カープ応援ブログ

広島緒方監督「勝負に行った中」逆転被弾の野村評価
ice_screenshot_20180701-054910


<DeNA2-1広島>◇30日◇横浜

 広島は先発野村が1-0の6回、DeNA筒香に2ランを浴びて逆転負けを喫した。連敗となった広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

 -先発野村について

 緒方監督 (野村)祐輔は今日、良かったね。(前回登板の)休み明けのときより、全然良かった。

 -6回、筒香に1発を浴びた1球が悔やまれる

 緒方監督 もちろん、勝負どころの中盤に入っていく中で、本人も分かっていたと思う。勝負しに行った中なので、バッテリーはこの1球を次回対戦に生かしてもらいたい。

 -打線について

 緒方監督 ちゃんとチャンスはつくれているからね。あと1本というのは向こうもあることだから。悪い戦いをしているわけじゃない。

広島快勝!今季最多タイ貯金12!ジョンソン6勝!
ice_screenshot_20180717-052118


<中日1-5広島>◇16日◇ナゴヤドーム

 広島は初回、丸の18号ソロで先制。2回に松山の8号ソロで1点を追加。ジョンソンは3回まで中日打線を2安打無失点。

 広島は4回石原の中前適時打で1点を追加。中日は6回無死二、三塁から平田の遊ゴロで1点を返した。吉見は6回3失点で続投。

 広島は8、9回にも加点。最後は中崎が締めて、逃げ切った。貯金は今季最多タイの12。ジョンソンは6勝目を挙げた。中日吉見3敗目。

広島がサヨナラ負けで6連勝でストップ 大瀬良、緊急降板 救援陣がリード守れず
ice_screenshot_20180630-051112


 「DeNA5-4広島」(29日、横浜スタジアム)

 広島が逆転負けで、連勝が6でストップした。

 初回、鈴木が先制の適時打を放つと、続く二回には1死二、三塁から先発の大瀬良の中前2点適時打で加点。四回にはバティスタが12号ソロを放ち、リードを広げた。

 リーグトップの10勝をマークしている大瀬良は6回まで4安打1失点と好投。ところが、七回無死一塁で迎えた打席。送りバントを試みて走り出したが、一塁手前で両手を上げてスローダウン。左太もも付近を痛めたとみられ、そのまま交代した。

 八回、3番手のジャクソンが無死から連打を浴びると、さらに神里に同点の3ランを被弾。不安な中継ぎ陣がリードを守れなかった。

 九回1死満塁の勝ち越し機を逃すと、その裏、アドゥワが1死一、二塁から代打・佐野に適時二塁打を浴びて、サヨナラ負けとなった。

広島フランスア“3度目正直”に意欲 巨人戦で3度目先発
ice_screenshot_20180625-155836


 広島の投手指名練習が25日、マツダスタジアムで行われ、26日からの巨人3連戦(マツダ)で先発する投手らが参加した。ローテの順番はジョンソン、九里、フランスアになる見込み。

 ドミニカ共和国カープアカデミー出身で、今年支配下登録されたフランスアは3度目の先発になる。過去2度はいずれも黒星を喫している。「もちろん初勝利を手にしたい。(中継ぎだった)前回は球は強かったけど低めに投げられなかった。低めを意識して投げたい」と意気込んだ。

 28日の第3戦が濃厚な九里は、前回17日のソフトバンク戦(ヤフオク!ドーム)から中10日になる。登板間隔があいたが「特に気にはならないです。まずは自分の持っているものを出すことを一番に考えて投げたい」と話した。