がんばれ! カープ

広島カープ応援ブログ

広島・森下に悪夢…初勝利一番乗り目前まさかのサヨナラ負け 新守護神スコット、1死も取れず4連打炎上

ice_screenshot_20200621-211856

<D・広>9回無死満塁、宮崎にサヨナラ2点適時打を浴び、がっくり引き揚げるスコット

◇セ・リーグ 広島1―2DeNA(2020年6月21日 横浜)

 広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が21日、DeNA戦(横浜)でプロ初登板初先発。7回8奪三振の4安打無失点と好投したが、1―0で迎えた9回裏に登板した新守護神・スコットが先頭から4連打されて1―2で悪夢のサヨナラ負け。両リーグの新人一番乗りとなる初勝利を逃した。DeNAは宮崎のサヨナラ打で開幕3戦目にして待望の今季初勝利を挙げている。

 森下は初回、先頭・梶谷にいきなり152キロ直球を左前打されたものの、続く乙坂は三塁へのライナーに打ち取り、飛び出していた梶谷もアウトに取って併殺完成となると、ソトはワンバウンドするチェンジアップで空振り三振に取ってチェンジ。2回は2安打1四球で2死満塁のピンチを迎えたが失点は許さず、徐々にペースをつかんだ。

 3回にはソトに対して自己最速タイの154キロをマーク。味方打線に1点を先制してもらって迎えた4回はロペス、宮崎、戸柱を抑えてこの試合初めての3者凡退に仕留めると、5回には1死二塁から梶谷、乙坂をともにカットボールで連続三振に斬って取り、勝利投手の権利を獲得した。

 そして、6回にはソトを151キロ直球で空振り三振に仕留めるなど再び3者凡退。6回までで93球を投じたが、7回も打席に入って続投すると、その7回は代打・楠本と柴田を連続三振に仕留めてラストイニングを締めくくった。ベンチに戻ると、佐々岡真司監督(52)が自ら森下のもとへ行って“エアタッチ”でねぎらう尻上がりの好投。球速は毎回150キロを超え、最速は自己タイの154キロだった。

 この時点で、2017年4月7日ヤクルト戦(マツダ)の加藤(現・矢崎)拓也以来となる広島新人投手の初登板初勝利まであとアウト6つ。そして8回を2番手・菊池保が無失点で抑え、初勝利まであと3アウトとなった。だが、9回に登板した新守護神のスコットがまさかの大炎上。先頭のソトから佐野、ロペスといずれも右方向に3連打されて無死満塁のピンチを招くと、続く宮崎に右中間へ2点適時二塁打を打たれてサヨナラ負けを喫した。スコットは1死も取れずに敗戦投手となった。


✩ルーキー森下が期待を上回る快投。7貝無失点で初勝利目前だったが、抑えのスコットが崩れて、逆転サヨナラ負け。敵地での開幕3連勝を逃がした。結局1点しか取れなかったのが最後に響き、リリーフの不安が出てしまった。まあこんな事もあるだろう。
 森下はローテーション投手として十分に通用する実力を見せてくれたし、敵地で勝ち越したのは望外の成果だった。
 次は三連勝の巨人と当たるが、ジョンソン、九里と有力な先発が残っている。相性の良さを発揮して何とか勝ち越して欲しいものである。
がんばれ! カープ

参考動画→【R02/06/21】【無観客試合】横浜DeNAベイスターズ VS 広島東洋カープ

広島が鮮やか逆転2連勝 鈴木誠也が満塁弾含む2発!代打・長野はVタイムリー

ice_screenshot_20200620-183018

8回、グランドスラムを放ちナインに肘タッチで迎えられる鈴木誠也(左)

「DeNA5-10広島」(20日、横浜スタジアム)

 広島が代打・長野の逆転2点タイムリーなどで鮮やかな逆転勝利。開幕2連勝を果たした。DeNAは最大3点のリードを守り切れなかった。

 DeNAは四回に伊藤光の適時打、五回にソトの今季1号2ランが出て、3点を先行した。しかし、広島は六回に鈴木誠の今季1号ソロ、七回に西川の適時打で1点差に迫ると八回にビッグイニングをつくった。

 2死一、二塁の好機をつくると、投手・中崎の打順で長野が代打で送り出された。DeNAの三嶋との対決で、カウント2-1から中堅への適時二塁打(送球時に三塁へ到達)で2者が生還。ピレラの適時打の後、2四球で迎えた満塁機で、鈴木誠がレフトへ2号満塁弾を放った。

 九回は6点差をつけた状態でスコットが登板。セーブがつかない状況での試運転で、1回1失点だった。

 DeNAは先発のピープルズが6回1失点と好投したが、八回に登板した三嶋、平田がつかまった。


✩開幕2戦目も、終盤打線が爆発して連日の逆転勝ち。満塁を含む鈴木誠の2本塁打だが、3点先取された直後の一発は軽く打ったように見えて、風に乗りスタンドインする、驚きの一打。あれがホームランになるのでは、手が付けられないと思った。是非三冠王になって、メジャーに挑戦して欲しいものだ。長野の逆転打も流石の一言で、彼がベンチに控えていれば実に心強い。相手投手次第でスタメンも行けるだろうが、是非前田智のような代打の切り札を期待したい。
 ピッチャーでは先発床田が5回3失点でギリギリ合格か。今村が繋いで7回の中崎の投球が今日のキーポイントになった。一死二三塁の大ピンチに田中のファインプレーが出て、ホームを狙ったサードランナーを三本間で挟殺。まるで昨夜の三好の再現みたいな好守で逆転に繋げたのだが、テレビで見ていて感動した。ピンチでも動じず投げる守護神中崎の復活である。大量リードの後、試運転のフランスアとスコットが共に失点したのがやや不安。
 ともあれ好守備から流れを作り逆転するカープらしい連勝。期待と不安が同居する、三戦目の先発ルーキー森下に最高の形でバトンタッチする事が出来た。結果を恐れず、思い切った投球を。
がんばれ! カープ

参考動画→【R02/06/20】【無観客試合】横浜DeNAベイスターズ VS 広島東洋カープ

広島大瀬良12球団最速完投勝利、同点打&プロ1号

ice_screenshot_20200620-053947

DeNA対広島 完投勝利で本塁打を放った広島大瀬良(右)は本塁打のボールを手に、監督初勝利の佐々岡監督はウイニングボールを手にポーズを決める

<DeNA1-5広島>◇19日◇横浜

2年連続開幕投手を務めた広島大瀬良大地投手が9回4安打1失点の好投で、12球団最速の完投勝利を手にした。17日に29歳の誕生日を迎えたばかりの大黒柱が、佐々岡新監督に初勝利をプレゼントした。

本調子ではない中、新球シュートを加えた持ち球を幅広く使いながら「何とか丁寧に投げようと思った」。1回は2球で2アウト、合計7球で三者凡退の滑り出し。2回はロペスに先制ソロを浴びたものの、6回まで1安打投球。直球と得意のカットボールを中心に、左右、縦、前後を使い、DeNA打線を手玉に取った。

得意ではない打撃でも勝利に貢献した。5回1死三塁から今永の146キロ直球に食らいつき、同点打。9回2死一塁から国吉の高めの直球を強振して右翼席へダメ押し2ラン。プロ初本塁打が今季チーム1号となった。

新型コロナウイルス感染拡大で開幕は3カ月延期。この日は降雨でさらにプレーボールが30分以上遅れた。初本塁打もハイタッチはなく、勝利の瞬間もエアハイタッチ。ヒーローインタビューも自らマイクを持った。「待ちに待った開幕でチームが勝てて良かった」。例年とは違う戦いの幕開け。待ちわびたシーズン開幕戦で得た白星の味はやはり、格別だった。


✩開幕戦に強い大瀬良の一人舞台。投げては完投勝利、打っては同点タイムリーにプロ入り初のホームランとは恐れ入った。
 降雨で試合開始が遅れる悪コンディションの中、冷静に打たせて取り球数を抑える理想的な投球。相手の今永投手と投手戦の形だったが、球数はほぼ半分で、内容では圧倒してたと思う。ロペスに一発食らって先制されたが全く動じず、8回の一打同点のピンチも三好のファインプレーで凌ぎ切った。守備固めを送っていた佐々岡新監督の采配も的中して、大正解。
 大瀬良は打率が低くても印象的なタイムリーを良く打ってるので、プロ入り初ホームランとは意外だったが、大舞台での運も持ってるのだろう。今年も大いに頼りとなりそうだ。
 この試合他にも、一番に起用したピレラのホームランを含む3安打や、西川の芸術的な逆転タイムリー、復活を期待される田中のスリーベースなど見所満載で、百点満点の開幕戦だった。
がんばれ! カープ

参考動画→広島カープ  開幕戦ダイジェスト

広島ドラ1森下の開幕ローテは? 佐々岡監督「当然」2戦連続大量失点も信頼不変

ice_screenshot_20200615-050437

4回、上林の打球に飛びつく森下

「練習試合、ソフトバンク9-3広島」(14日、ペイペイドーム)

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が4回を投げ自己ワーストの9失点(自責点7)でマウンドを降りた。球数は109球だった。

【写真】プロの洗礼にマウンド上で呆然とする森下

 初回無死満塁で上林に二塁強襲の2点適時二塁打を浴びるなど4失点。二、三回を無失点で切り抜け立ち直ったかに思えた四回に再び捕まった。先頭・明石への四球がきっかけとなり、味方のミスも重なって5点を奪われた。

 開幕前最後の先発。降板後は首脳陣と投球内容を振り返り課題を洗い出した。「簡単に踏み込まれた。どういう球を使うのか。工夫をして次につなげたい」。ソフトバンクは12球団屈指の強力打線。苦い経験を今後に生かさない訳にはいかない。

 前回登板となった7日のオリックス戦は4回2/39安打6失点(自責点4)。回の途中で降板し悔しさを味わっていた。2試合連続で打ち込まれたものの、佐々岡監督の信頼は変わらない。このまま開幕ローテを任せるのか?と問われると「当然」と力を込めた。

 森下は開幕カード3戦目となる21日のDeNA戦(横浜スタジアム)でのプロ初先発が濃厚だ。右腕は「スタートからしっかりと勝てるような投球をしたい」と前を向いた。


✩練習試合で一喜一憂しても仕方ないけど、不安の残る森下投手。良い薬だったと思い、開幕を待ちたい。
がんばれ! カープ

参考動画→2020年6月14日 福岡ソフトバンク対広島 試合ダイジェスト