がんばれ! カープ

広島カープ応援ブログ

広島、16安打14得点でOP戦2連勝! 堂林3安打2打点の活躍、阪神は能見が7失点と課題
ice_screenshot_20200223-174418

広島・堂林翔太

広島の先発・大瀬良は3回5安打1失点、阪神は新助っ人のガンケルが3回無安打無失点
■広島 14-2 阪神(オープン戦・23日・コザしんきん)

 広島は23日、阪神とのオープン戦を14-2で快勝し2連勝を飾った。途中出場の堂林、会沢が3安打、ルーキー宇草も2安打を放つなど16安打14打点と打線が爆発した。

【写真】カープのユニホームを着て満面の笑みを見せる広島鈴木&愛理さんの“幸せ2ショット”の実際の写真

 広島は1点を追う4回に鈴木の犠飛で同点に追いつくと、5回は満塁から連続四死球で2点を勝ち越し。6回には堂林、会沢、小園らにタイムリーが飛び出し一挙7点を奪った。

 その後も7回に上本の犠飛などで3点、8回には堂林の左前適時打が飛び出しリードを広げた。投げては先発の大瀬良が3回5安打1失点、フランスア、DJ・ジョンソンが1回無失点の好投を見せた。

 阪神は新助っ人のガンケルが3回無安打無失点の好投を見せたが、藤浪が2回3安打3四死球3失点、能見が2/3回7安打7失点、望月は1回1/3、2安打3失点と課題を残した。


✩打撃好調でオープン戦2連勝。鈴木・西川と言う中軸以外の活躍が目立ち、期待の膨らむ内容だった。特に連日大活躍の堂林。彼がファーストにはまれば、絶好なのだが。
 
 先発大瀬良、リリーフで出てきたK・ジョンソンの両輪はまずまず順調そう。ストッパー候補のDJジョンソンとフランスアも共に無難だったが、今シーズン一番の課題となりそうだ。オープン戦での見極めに期待。
がんばれ! カープ

参考動画→【2020オープン戦 2.23 対阪神戦】堂林翔太開幕スタメンに向けての連日のアピール!!今日は猛打賞の2打点!!2試合で5打数4安打4打点の打率.800だ!!

広島、西川2ラン&堂林逆転2ベースで佐々岡監督初陣飾る ヤクルト5点差守れず
ice_screenshot_20200222-194148

<オープン戦 ヤ・広>先発の森下

 ◇オープン戦 広島7―6ヤクルト(2020年2月22日 浦添)

 プロ野球のオープン戦が22日、各地で本格的に始まり、3連覇の後で昨季は4位に終わった広島が同じく最下位のヤクルトに7―6で逆転勝ちを収めて白星スタートを切った。

 広島はオープン戦開幕投手を務めたドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が初回に2点を失ったものの3回2安打2失点とまとめると、打線は1―6で迎えた6回に田中広の適時二塁打や西川の左越え1号2ランなどで一挙4点を返して1点差。7回には堂林の2点適時二塁打で7―6と逆転してそのまま逃げ切り、佐々岡監督の初陣を勝利で飾った。

 4回から登板した2番手の中村恭はアクシデントにより1死も取れずに緊急降板となったが、薮田、一岡、床田、菊池保の豪華リレーはいずれも無失点。主砲・鈴木誠は2打席で安打なく交代したが、菊池涼は好守で新人・森下を救うなど存在感を見せ、昨夏に右膝手術で離脱した田中広は定位置の「1番・遊撃」に入って3打数1安打と結果を出した。ドラフト2位ルーキーの宇草孔基外野手(22=法大)も6回に長野の代打で登場し、初打席で左前打を放ってすかさず二盗も決めるなど開幕1軍を猛アピールしている。

 ヤクルトは先発投手の高梨が3回1安打1失点(自責0)と好投し、2番手のドラフト2位・吉田大喜投手(22=日体大)はピレラ、鈴木誠、西川、長野、安部、会沢の相手主力打者をノーヒットでピシャリ。だが、その後を受けて6回からマウンドに上がったドラフト3位・杉山晃基投手(22=創価大)が1回0/3で6安打6失点と明暗を分けて5点リードからの逆転負けを喫し、高津新監督の初陣を飾れなかった。


✩オープン戦開幕投手に選ばれた、期待のドラフト1位森下は3回2失点で顔見せデビュー。アクシデントで緊急降板した中村恭が大量失点したが、他の投手陣は無失点で繋ぎ、逆転につながった。中村恭が重症でない事を祈るばかりである。

 打線は活発で、西川ツーラン、堂林逆転ツーベースで、そのまま逃げ切った。特に松山離脱でファーストに入った堂林が、今年こそはチャンスをつかめるか、大いに期待したい。西川はシーズンに取っておきたいような好調ぶりで、クリーンアップ確定か。
がんばれ! カープ

参考動画→2月22日【広島カープ】 ハイライト Vs ホームラン プロ野球オープン戦〜 NPB 2020

菊池涼介3億4年「新たな気持ち」生涯カープ決意
ice_screenshot_20191227-200425



 ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指していた広島菊池涼介内野手(29)が27日、広島市内の球団事務所で会見し、チームに残留することを表明した。

【写真】残留会見で口をかみしめる広島菊池涼介内野手

同日に契約更改交渉に臨み、新たに年俸3億円プラス出来高払いの4年契約を結んだ。鈴木の2億8000万円を抜いて球団の野手では史上最高年俸となった。リーグ3連覇の立役者の1人が再びカープの一員としてV奪回を目指し、ダイヤモンドを駆け回る。(金額は推定)

   ◇   ◇   ◇

菊池涼は赤いネクタイを締め、晴れやかな表情で堂々と宣言した。「本日カープ球団と残留の交渉をしまして、残留することを決めました」。1年前の契約更改交渉で球団にメジャー挑戦を志願した。球団はリーグ3連覇などの功績を評価し、今オフにポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を容認。代理人を通じて複数球団と交渉を続けたが、最終的に広島でプレーする道を選択した。

夢を後押ししてくれた球団への感謝の思いがあった。「FA市場の動きが遅い状況が続くのであれば、僕の思いをくんで快く(メジャー挑戦へ)出してくれたカープ球団に残ることを早く伝えた方がいいという決断に至りました」。日本時間の来年1月3日午前7時の交渉期限を待たず、26日に電話で球団、佐々岡監督に残留の意思を伝えた。

順調にいけば21年には海外フリーエージェント(FA)権を取得する。メジャー再挑戦の可能性について菊池涼は「年齢的に考えればやっぱり難しい。挑戦できれば向こうの国でプレーしたかった」とその思いは一時封印する。会見前には松田オーナーの下にあいさつに訪れ「来年から長い契約なので、しっかりリーダーになってくれ」と声を掛けられた。年俸3億円で4年契約を結んだことは「生涯カープ」の決意の裏返しとも受け取れる。

ここまでのプロ8年間を振り返った上でこう力強く言った。「やり残したことしかない。おごりはない。本当に悔いのないようにやるにはカープでやるのが一番だという選択だった。また新たな気持ちで、挑戦者として、戦い抜いていきたい」。V奪回、そして悲願の日本一へ広島の“忍者”がチームを頂点へ押し上げる。【古財稜明】

▽広島佐々岡監督 二塁手として存在は大きく、必要な選手。また野手を引っ張ってくれるだろう。本人は残念だろうけど、気持ちを切り替えてほしい。会沢、(野村)祐輔、長野が残ってくれて、最後、菊池の残留決断は大きかった。

▽広島鈴木球団本部長 彼がいなくなったら…と燃えていた若い人たちも、また奪い取るつもりで頑張ってほしいし、それがチームの力になる。

▽広島松田球団オーナー 本人にとってはどうか分からないけれど(球団としては)ありがたい。上に立って菊池らしいリーダーシップを発揮してもらいたい。

◆ポスティングシステムで移籍できなかった日本選手 02年オフの大塚晶文投手(近鉄)は中日にトレード移籍(03年オフにポスティングでパドレス移籍)。05年オフの入来祐作投手(日本ハム)は自由契約でメッツ入り。08年オフの三井浩二投手(西武)は残留。11年オフの真田裕貴投手(横浜)は自由契約になり、古巣巨人へ復帰。以上4人には入札がなかった。10年岩隈久志投手(楽天)11年中島裕之内野手(西武)には入札があったが、契約合意に至らず残留した。


✩1年の最後にカープファンには朗報。今年は驚くべきことに戦力流出がなかった。来期の優勝奪還も現実的になって来たと思う。
がんばれ! カープ

参考動画→【速報】広島カープ菊池涼介 残留決定! ポスティングでMLB移籍断念!!
 

広島・長野が残留表明「チームが勝てなかったのが悔しい」 菊池も国内FA行使せず
ice_screenshot_20191102-081025

マツダスタジアムを訪れ、FA権を行使しないことを明言した長野

 広島は1日、長野久義外野手(34)が海外フリーエージェント(FA)権を、菊池涼介内野手(29)は今季取得した国内FA権を、それぞれ行使しないと発表した。長野は残留が決定。菊池涼は昨オフにポスティングシステムによるメジャー挑戦希望を表明しており、球団側との話し合いを継続しながら結論を下す意向だ。 

 FA申請締め切り日の1日、水面下で続けられていた主力2選手への残留交渉に一定の成果が見られた。野球の国際大会「プレミア12」に出場する菊池涼は、侍ジャパンの強化試合・カナダ戦(沖縄セルラー)の前に去就について口を開いた。

 「FA宣言はしません。球団や鈴木(清明球団本部長)さんとはいい話し合いができている。今は広島にいないけど、引き続き連絡を取り合います」

 これにより、7年連続ゴールデングラブ賞に輝く名手の国内移籍は無くなった。一方では、昨年12月にポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦希望を表明しており、今後はその諾否が焦点になる。鈴木球団本部長は「ポスティングについては、これから段階を踏んで話し合っていく」と説明した。

 長野は午前中に球団事務所を訪問。交渉を終え「紙(申請書)は出しません。条件は聞いたし、細かい話はこれから」と語った。あえて残留の2文字を使わず「まとまらなかったら自由契約でしょ」と冗談めかしながら、「来季も広島で?」の問いかけには「もちろん」とうなずいた。

 巨人にFA移籍した丸の人的補償で加入した1年目。出場72試合で打率・250、5本塁打、20打点に終わり「チームが勝てなかったことが悔しいし、個人的にもふがいないシーズンだった」と振り返る。交渉の合間に自主トレをこなし、巻き返しを誓う長野に、佐々岡監督は「残留はチームにとって大きい。まだまだ引っ張ってほしい」と期待した。

 「侍ジャパンに集中したい」という菊池涼を含め、会沢、野村、長野と宣言者ゼロで決着した今オフのFA交渉。鈴木球団本部長は「来季に向けて大事な戦力が残ってくれた。ありがたい。ファンの皆さんの心が通じたと思う」と語った。あとは大団円を目指し、名手を慰留するのみだ。


✩今シーズンは暗い話題が続きさんざんだったが、オフシーズンでは相沢・野村・長野とFA不宣言で残留と良いニュースが続く。ドラフトでも森下を獲得し、来期が楽しみだ。
がんばれ! カープ